避妊の種類について

パートナーがいれば性的なコミュニケーションは必ずありますが、楽しいだけではありません。

 

セックスするなら妊娠する可能性があり、子供を授かりたい気持ちが無ければ避妊について考えなければなりません。

 

避妊をせずセックスを楽しみたい、コンドームは使いたくないという人もいますが、もし妊娠してしまうと中絶手術をしなければならないので女性にとっては大きな負担です。

 

男性側は体の負担がありませんが15万円程の手術費用もかかりますので、金銭的にダメージを受けます。

 

望まない妊娠を避けるためにもどんな避妊があるのか、どんな避妊なら出来るのかを知って中絶は絶対しないようにしましょう。

 

避妊の種類・コンドーム

 

 

誰もが知っている避妊方法はコンドームです。

 

購入するのも簡単でドラッグストアやコンビニにも売っていますし安いので気軽に使う事が出来ます。

 

男性のペニスに装着して精子はコンドームの中に射精されるので女性の膣内に入り込まないようにする避妊方法です。

 

精子と卵子が結合しないので受精しません。

 

相手の精液と密着しないので性感染症を防ぐ事も出来ます。

 

ですがコンドームはそんなメリットばかりではありません。

 

一番のデメリットは性行為中に破れたり取れたりする事があり、思わぬ時に避妊に失敗してしまう事です。

 

コンドームは避妊確率は100%ではないので、排卵日にセックスをして破れるなどの失敗が起きてしまう事があるので、なるべく排卵日にセックスをするのは避けた方が無難だと言えます。

 

普段から生理周期が安定していつも決まった日程で生理が来れば排卵日は予測しやすいです。

 

しかしストレスや生活のリズムが乱れるなどで生理周期が変わる事もあるので排卵日の予測が外れる事もあります。

 

必ずコンドームをしつつ、排卵日だと予測しても過信せず、なるべく安全な日にセックスをするよう心掛けたいものです。

 

基礎体温

 

 

女性が毎日起床時に体温を測り、排卵日を知る方法です。

 

薬局、ドラッグストアで婦人体温計は購入出来ますし方法としては薬を飲むことに比べれば体に負担はなく気軽に行えます。

 

デメリットとしては毎日測るのが面倒、勤務が交代制で起きる時間がバラバラという事が挙げられます。

 

疲れていたりストレスがあったりすれば体温は変化しやすいので基礎体温から排卵日を知る事も万全ではありません。

 

IUD・子宮内避妊用具

 

IUDは子宮の中に避妊具を入れて受精卵の着床を防ぎます。IUDは自分では入れられません。

 

婦人科で医師により装着されます。

 

IUDのメリットとは

 

女性が主体となる避妊方法です。ピルとは違い授乳中でも避妊方法として選ぶことが出来ます。

 

一度装着すれば数年は避妊方法として成立します。

 

IUDのデメリット

 

下腹部痛、おりもの、出血など症状が出現する事もありますので、辛いと感じたら受診しましょう。

 

IUDはどうしても合わないと感じる人もいて個人差があります。

 

定期健診が必須

 

IUDを装着した後は、きちんと正しい場所にあるか確認してもらう必要があり定期的な検診が必要です。

 

知らないうちに取れてしまう事もあるので違和感があればすぐ病院に行った方が良いです。

 

IUS

 

IUSは産婦人で挿入します。IUSも定期健診が必要です。

 

黄体ホルモンが子宮に流れ子宮内膜を薄くして避妊します。避妊効果は高いですし女性主体で行える避妊方法です。

 

膣外射精

 

コンドームをせずセックスして射精の時だけ膣から抜く方法ですが膣外射精は避妊方法とは呼びません。

 

膣外射精は避妊に失敗する確率は十分あるのでコンドームを着けず他の避妊方法もしないのはとても危険です。